社会のハテナを考える

ドイツの繁華街。路上で物乞いする移民系の老人。

鹿児島のカルチャー・スクール ソシラボで社会を学び考える

 

ソシラボ(Soscilabo)は、社会のハテナを科学的に考えるカルチャースクールです。
社会科学セミナー教室、ドイツ語講座とヨーロッパの文化・社会の講演会、就職・進学支援『名山塾』を運営しています。

社会の「ハテナ」が分かる! 社会科学セミナー教室

 

ドイツ金属産業労働組合のデモンストレーション。2018年から生涯で2年間に限り週28時間労働が認められた。

今の社会で「何かおかしい」「これでいいのか」「どうにかできないか」と思うことありますよね。でも「どう考えたらいいのか」分からず、もやもやした気持が続いていませんか?
ソシラボは、社会のハテナを社会科学を用いて明らかにするとで、私たちがものごとをどう考えて、どう行動すれば良いかのヒントを学ぶカルチャースクールです。

迷信やカルトの教義などではなく、科学的に物事を考えたとき、この世の中が見えてきます何がなぜ誰のためにどのように、が分かってくると、これからどうすれば、が見えてきます。直ぐに良い結果が生み出せなくても、自分のできる範囲での関わり方も考えられます。それがあなたの気持ちをスッキリさせ、行動の指針も生まれます。そのような人が増えれば、社会もずっと良くなると思います。

戦争の原因は、お金儲け?

国連本部のモニュメント。争いの無い世界を作る目的を示しています。

最も直近の「ハテナ」は、ロシアによるウクライナ侵攻についてです。

ロシアの軍隊をウクライナから撤退させ、殺人や傷害、生活破壊を終わらせるとともに、ウクライナを復興するために、世界がすべきことは何なのでしょうか。また、ロシア国家の命令で戦場に駆り出されたロシアの兵士たちの命も守るためには、今ロシアで何が必要でしょうか。

そもそもこんな悲惨な事態がなぜ生じたのでしょうか。
プーチン大統領による独裁と非人道的思考をメディアは批判しますが、彼を大統領にしてきたロシアの社会体制はそもそもどうなっているんでしょうか。

加えて、NATOの東方拡大の阻止がロシア側の一つのテーマですが、東方拡大を推し進めてきたアメリカの利害、ヨーロッパの利害やウクライナのNATOの軍事的選択、それらはなぜ追求されてきたのでしょうか。

誰が得をし誰が損をするのか、ある事柄の背景を推理探偵のように読み解くことが、問題の本質へ近づく道だと、社会科学は示しています。

ソシラボでは、社会問題の考え方を分かり易く解説し、みなさんの問題意識にお応えします。

みんな豊かになりたいのに格差・貧困はなぜ起こる?

なぜ頑張って働いても豊かになれないのか
日本は世界でも有名な「働かせすぎ国」です。統計上日本人の平均年間労働時間は、それほど多くはありません。しかし、それは短時間労働をおこなう低賃金の不安定労働者の数が異常に増えていて、平均すればそうなるからです。

働く人々のおかげで、2020年の日本のGDPは世界3位です。でも同年の一人当たりの日本のGDP(購買力平価換算)は、なんと世界30位です。こんなに働いても、財布は軽い。どうしてでしょうか。

スイスのジュネーブの最低賃金は時給2,650円なのに、日本ではその半額以下、ソシラボがある鹿児島ではその3分の1です。
フランスでは週35時間労働なのに、「働き方改革」は月100時間の過労死ラインを超える労働時間を容認しています。

いったい日本の企業社会はどうなっているのでしょうか。

女性差別で誰が得する?

どうして女だと職場でも家庭でも過ごしにくいのでしょうか。
近代の市民社会の基本的価値に、男女同権があります。男女同権は、日本では戦後になってようやく憲法で認められました。

しかし、ジェンダー問題は実質的には解決されないまま、今も、男女差別が様々に利用されています。職場での女性の所得や社会的地位の差別、家庭では、家事・介護・育児・地域社会での活動などでの負担など、仕事でも家庭でも色々な問題を生み出しています。

その改善を求める声が世界で広がっています。しかし、日本の女性の社会的地位は世界の国々の中で異常に低い状況にあります(世界経済フォーラムでは、日本の女性の地位は世界146ヵ国中116位。Global Gender Gap Report 2022より)。

日本においても情況の改善を求める声は高まって、選択的夫婦別姓法案やその他の法案の形で提出されてきましたが、法案に反対する勢力に阻まれています。

では、なぜ反対されるのでしょうか?ジェンダー問題を解決しないことが、この反対者達にどのような利益をもたらすのでしょうか。

倫理性とか慣習とかからではなく、反対意見の背後にある経済的利害関係を考えると、その答えと問題解決の糸口が見えてきます。

デジタル化の未来はバラ色?

1989年のベルリンの壁崩壊とともに、米ソ対立による冷戦体制が終わり、アメリカの軍事技術の一部であったインターネットの民間利用が始まると、世界ではインターネット技術(IT)を利用したデジタル化競争が始まりました。

こうして始まった「第4次産業革命(インダストリー4.0)」の中で、利便性とバラ色の未来が語られる一方で、不安の声もあがっています。特に、AIやIoTによる技術変化によって、今ある職業が要らなくなってしまわないか、という研究が報告されています。また、世界中で競争が拡大することで、低コスト化を理由に、中小企業の利益や賃金の抑制が強められており、この先、中小企業が淘汰されないか、生活できる賃金がもらえるのだろうか、といった不安が出ています。

技術は一方的に未来を決めることはありませんが、その技術をどう利用するかで未来は変わってきます。では、放っておけばどう変わるのでしょうか。また、明るい未来のためには何が必要なのでしょうか

外国人労働者への労働市場解放は?

日本の実質賃金は、1997年から比べると10%低下しています。他の発達した資本主義諸国では見られない現象で、日本の実質賃金水準はすで世界30位まで低下しています(購買力平価:OECD)。

この中で、日本の財界は、国際競争で勝つことを目的に円安局面を続けようとしています。しかし、円安は物価高として賃金コストを押し上げる原因になります。そこで、日本財界が考えていることは、賃金の安い外国人労働者に日本の労働市場をオープンすることです。

日本人より賃金の安い労働力を利用すれば、企業は労務コストを下げられます。加えて、日本の労働者と外国人労働者の間の競争によって日本の労働者の賃金を押し下げることもできます。最低賃金制度の廃止も話題になっています。

外国人を差別・排除すると日本人労働者の首が絞まっていきます。しかし外国人労働力の大量利用場がなされると、日本人の労働条件が悪化します。それでは、日本人労働者にも外国人労働者にもよい労働環境を作るにはどうしたらよいでしょうか。

考えてみよう

などなど、気になることや知りたいことは、実はいっぱいあります。
そして、「自分はどうなるのか」「これからどうすればいいのか」と、いう答えが誰にも必要です。
でも、それをどう考えたら良いのかがわからなくて、不安はそのままで、考えることをやめてしまったりします。

それでは、何の解決にもなりませんね。
その答えを見つけるために私たちは、何を知り、どう考えたらよいのでしょうか。
ソシラボでは、社会科学をベースにこの答えを科学的に、そしてだれにも分かり易く学びます。

Zoom教室を利用して、社会科学の古典の読書会や、今トレンドの『資本論』学習会もやってます。

自主ゼミ(Zoom教室)の開催(無料講座)

ソシラボでは、社会について気軽に語り合う「自主ゼミ(Zoom教室)」を開校しています。
参加者各自がニュースや新聞などから話題をもちより、自分が感じたこと、疑問に思ったことを語り合っています。

参加費は無料です。

ルールは一つ、「他の参加者の学習環境、発言環境を尊重する」です。

関心がある方は、ホームページのメニューから、自主ゼミ(Zoom教室)をご覧下さい。

『名山塾』での就活・転職支援

ブレーメンの音楽隊就活のためにブレーメンに行こうとする動物たちの物語

ブレーメンの音楽隊。就活のためにブレーメンに行こうとする動物たちの物語。

就活や進学などの進路決定にとまどう学生や高校生の皆さん、この学生時代最大の課題の一つにどう立ち向かえば良いと考えていますか。転職をお考えのみなさん、あなたの就活をより成功しやすくしませんか。

社会科学研究室ソシラボは、この課題を達成する手段として、みなさんに「朝日ゼミ秘伝就職術」を伝授します。就活のための小手先のハウツーではなく、合理的で科学的な方法を通じて、みなさんの成長を促し、それを通じて、進路確定を支援します。キャンパスライフも人生も豊かにしながら進路を確定していけるようにしたい。そのために開校するのが、就活支援『名山塾』です。

名山塾は、ソシラボの教室でおこなうリアルな授業と、リモート教室でおこなうバーチャルな授業を予定しています。

                      

 

講師は「就活にとまどう君へ』日本橋出版の著者である塾長がおこないます。
すでにいくつかの大学のゼミで、利用されています。

昨年に続き、同志社大学のある学部の3回生のゼミの学生さんたち20名余りの感想文をいただきました。

詳しくは、以下のボタンをクリックし、就活・進学支援URLに移動してください。

 ソシラボ就活・進学支援URL 

ストアカ講師

みなさんは、ストアカ(ストリートアカデミー)というWebの学習組織をご存じでしょうか。4万人近いユーザーが様々な分野で学んでいます。

このストアカのサイトでも、就活関係の講座を開催しています。

講座「【就活・転職】失敗しない志望動機の作り方

講座「【就活・転職】失敗しない自己PRの作り方

60分の講義ですが、大切な中身はしっかりと詰まっています。
就活・転職準備の講座として利用して下さい。

 

ストアカ講座のご案内

 

その他のご案内

特定商取引に関する法律に基づく表示

管理人

プライバシーポリシー

Copyright © 2021 社会科学研究室ソシラボ Soscilabo All Rights Reserved. by Cocoon